家庭用脱毛器 ケノンとトリアだったら指毛脱毛にはどっちがいいの?

家庭用脱毛器

家庭用脱毛器で指毛の脱毛は出来ますか?

トリアとかケノンとかよく聞きますが。

自宅用脱毛器と言えばトリアとケノンですね。では違いを下の表で確認していきましょう。

ケノン トリア
脱毛方式 フラッシュ光脱毛 レーザ ー脱毛
価格 69,800円  54,800円
ショット単価 0,06円 0,14円
照射範囲 3,5cm×2,0cm 直系8mm
照射できない部位 眉毛 顔の中の鼻より上、IとOライン
充電方式 コンセント 充電
重さ 120g(ヘッド) 584g
レベル調整 10段階 5段階
消耗品 カートリッジ バッテリー

大きな違いはトリアはレーザー脱毛ケノンはフラッシュ脱毛ということですね。

その通りです。トリアは家庭用脱毛器の中で唯一のレーザー脱毛ですがその為、痛みがあると口コミでも言われていますね。

痛みあるのはちょっと。。

痛みがある分、フラッシュ脱毛よりも効果的と言われています。また、濃く、毛が密集している場所に比べ、指毛などの産毛は痛みはほとんど無いようです。

 

なるほど、指毛くらいなら痛みはなさそうですね。

指毛だけでなくほかの部位も脱毛したい場合、痛いのは嫌な人はケノン、痛みより効果を選びたい人はトリアを選ぶといいんですね。

スポンサーリンク

ケノンの特徴

ケノンの脱毛方法はフラッシュ脱毛。

ケノンのメリット

★3.7cm×2.5cmという家庭用脱毛器の中では最大クラスの照射範囲が可能。

★ヘッド部分が約130g軽い。

★フォトフェイシャルとしても利用できる。

ケノンのデメリット

★消耗品のカートリッジが必要。しかしカードリッジ1個当たり15,000発~20,000発が

 一般的な照射回数なので、トータルで考えると安価。

★初期投資がケノンより高い。

★コードが邪魔。

トリアの特徴

トリアの脱毛方法はレーザー式脱毛。

メリットは

★フラッシュ式脱毛のタイプに比べるとエネルギーチャージの時間が不要で、フラッシュ式よりも照射間隔が短くさくさくと照射できる。

★コードレスなので部位を気にせず、照射できる。

★レーザー脱毛なので脱毛効果が早く表れる。

デメリットは

★コードレスなので内蔵のバッテリーで約15万回ほどの照射でバッテリ交換の必要が有る。 価格は約2万円ほど

★トリアの照射範囲は直系8mmほどなのでケノンに比べると約1/9ほ どのコンパクトさ。 範囲が狭い分多く照射しないといけません。

★重さが600mlのペットボトル1本分くらいなので当てる部位によっては重さを感じるかもしれません。

★フラッシュ脱毛に比べると痛みが有る。

トリアの体験談を見る

家庭用脱毛器 ケノン

家庭用脱毛器ナンバーワンを誇るケノン。
痛みの少ないフラッシュ脱毛が自宅で手軽に出来る使い勝手の良さとコスパの良さが人気。
公式サイトからの購入でオプションのヘッドカートリッジがプレゼントになるキャンペーン有り。

家庭用レーザー脱毛器 トリア

美容意識の高い人達から人気のトリア。
クリニックでしか出来ないレーザー脱毛をFDAの認可を受け唯一の家庭で出来るようになったのが人気の秘密。
本格的な脱毛を家庭で。
30日間返金保障キャンペーン有り。